法人概要
HOME

医療法人社団 石橋内科法人理念をご紹介いたします。

ご挨拶

地域住民の高齢化と社会環境の変化に伴ない、
医療・介護の内容にも大きな変化が起こってまいりました。

石橋内科広畑センチュリー病院ではそういった変化の中で、
個々の患者様に必要とされる医療・介護をこれからも
提供してく方針であります。

患者様の求める手作りの医療を病院の基本方針にかかげ、
個々の患者様のニーズに対応したより良い医療や介護を、
専門技術を有したスタッフと、最新の医療機器をもって
提供してゆくつもりです。

今後は更に地域医療と予防医学に力をそそぎ、
地域の医療キーパーとして職員一同努力をしてまいります。
石橋内科 理事長石橋悦次 医療法人社団 石橋内科
理事長 石橋悦次
当センチュリー病院は、回復期リハビリテーション病棟と医療療養病練を有し、急性期治療を終えた患者様に対し、ADL能力の向上による寝たきりの防止と
家庭復帰という明確な目的を元に取り組んでいます。

入院期間中には、集中的なリハビリテーションと
在宅復帰に向けての準備のお手伝いを他職種スタッフにてさせて頂いています。

また、当法人では、在宅部(訪問診療、訪問看護、訪問リハビリ、通所リハビリテーション、デイサービス、ショートステイ、居宅)を持ち退院後も引き続きホームドクターとして、健康管理を行っていきます。

「患者様の求める手作りの医療」を理念として、
患者様一人一人に合った、医療、介護を提供し、
他にはない暖かい医療を目指し、スタッフ一同尽力していく心構えです。
石橋内科 広畑センチュリー病院 病院長 石橋杏里 石橋内科広畑センチュリー病院
病院長 石橋杏里

概要

敷地面積
2,045.45m²
建築延床面積
1,245.32m²
外来部門
395.03m²
中央診療部門
703.51m²
管理・サービス部門
776.51m²
構造・規模
鉄筋コンクリート造、地上5階建
病床数
60床
一人部屋
14.29m²〜15.72m²
四人部屋
32.10m²〜32.96m²

沿革

昭和41年 2月
診療所石橋医院開設
昭和54年 2月
有床診療所19床設立
平成3年 4月
医療法人社団石橋内科設立
平成9年 5月
広畑訪問看護ステーション「杏の里」開設
平成12年 4月
通所リハビリテーションI・II設立
広畑指定居宅介護支援事業所「杏の里」設立
平成12年 6月
石橋内科広畑センチュリー病院開設
通所リハビリテーションV・W開設
広畑指定訪問介護ステーション「杏の里」設立
平成16年 3月
敷地内禁煙「センチュリー病院」
平成16年 7月
広畑センチュリー病院
財団法人 日本医療機能評価機構の認定取得
平成18年 4月
通所介護「御津9」開設
平成18年 9月
「石橋内科」新築移転
通所リハビリテーションVI・VII開設
ショートスティ開設
通所リハビリテーションI・IIを通所介護「杏の里I・II」へ変更
平成19年 4月
姫路市より「姫路市広畑地域包括支援センター」受託・開設
平成19年 10月
「センチュリー病院」 回復期29床・医療療養31床
平成21年 7月
広畑センチュリー病院
財団法人 日本医療機能評価機構の認定更新